© 2019 Alliance for Humanitarian Architecture

SERVICE

​サービス

一般社団法人ヒトレン(以下、ヒトレン)では、建築の専門家を中心としたチームが皆様の場づくりに関するご相談を中心にお受けいたします。プロジェクトの企画から運営、監理、調査、研究に至るまで、お気軽にご相談ください。

以下は一般的にヒトレンが行うプロジェクトの進め方をご紹介いたします。皆様のご要望や状況に対して柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

施設や場づくりを活用した地域の活性化をご希望される方。

① 相談

↓  個人、企業、行政または地域コミュニティなどがヒトレンにご相談。

② 判断

↓  ご相談いただいた内容が弊団体のミッションに沿うものか独自に検証させていただきます。

③ デザイン

↓  支援先となる皆様とワークショップや打ち合わせを通して依頼主様が求める施設や場のデザインを進めます。

④ 人員配置

↓  プロジェクトに必要な専門スタッフのほか、状況に応じてヒトレンのスタッフを直接派遣することもございます。

⑤ チーム構築

↓  ヒトレンでは支援先のことを一番理解している地元の建築家、施工業者を優先的に活用し、一緒にプロジェクトを進めます。​

⑥ 施設づくり

  支援先の地域にとって広く有益で持続性のある施設や場を完成させ提供いたします。

地震、津波、自然災害時において建物の支援を必要とされる方。

① 募金

↓  災害発生直後より被災地域支援に限定された募金を開始します(集まった募金はその被災地支援プロジェクト以外には活用されません。

  全プロジェクト完了後に残った募金は基本的に地元の行政に寄付いたします)

② 調査

↓  被災地にスタッフを派遣し、被災地域とその行政、建築家との繋がりを構築し、状況の把握と支援を必要とする個人、企業、行政や

  団体からの要望を調査します。

③ 企画募集

↓  集まった募金や助成金など(予算)から実現可能なプロジェクトの企画書を募集します。通常、募集開始から締め切りまでの期間は3ヵ月です。

  ※必要な際には企画書の募集においてヒトレンスタッフが企画書の準備のお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。  

④ 選定

↓  ご応募いただいた申請書からヒトレンの支援を最も必要とし、一番地元地域にとって長期的かつ広域に影響のあるプロジェクトを選定し、

  契約いたします。

⑤ 建築家の選定

↓  選定されましたプロジェクトにおいて建築家、デザインが未定の場合、建築家の推薦、選定をヒトレンが行い、直接契約します。

⑥ デザイン

↓  設計期間中、地元地域でのワークショップを設け、デザインを進めます。建築家との打合せには施主側としてヒトレンスタッフが同席します。

⑦ 施工者選定

↓  施工者を選定します。施工者の選定は公募を基本とし、被災地域に募金を活用することを目的に地元の業者を優先敵に活用しながら、複数事項

  を勘案し、ヒトレンが選定、契約します。

⑧ 施工

↓  施工が開始します。施工中ヒトレンスタッフが現場を定期的に視察し進捗を確認ヒトレンのホームページ上に報告します。手続き上必要のない

  場合も、ヒトレンスタッフが中間、竣工検査を独自に行います。

​⑨ 完成

  プロジェクト完成後、ご支援いただいた皆様にはホームページなどを通してお礼と完成のご報告をさせていただきます。